冷酒と冷やの違い

世界にたくさんあるお酒の中で、日本酒ほど幅広い温度帯を飲んで楽しめるお酒は、他に類を見ません。

いろんな温度帯の日本酒はそれぞれに特徴があり、味わいも異なりますが、初心者が始めるには、冷酒がおすすめです。

フルーティな味わいとマイルドな口当たりが飲みやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷酒と冷(ひや)

「冷酒」と「冷」、同じようですが、違いをご存知ですか?

冷酒と冷は、そもそも温度が違います。

冷酒は冷蔵庫や氷水で冷やしたもので、だいたい5~10℃ぐらいです。

一方、冷とは、「冷たい」という字を使っていますが、実際は、常温のものを言います。

つまり冷蔵していないので室温次第で20℃ぐらいの温度になります。

日本酒本来の味わいを楽しめる飲み方です。

日本酒通は、まず冷やで、次は冷酒、最後はお燗でという温度による味の変化を楽しむ飲み方をします。

幅広い温度を楽しめる日本酒

江戸時代に日本酒を出す店には、お燗専門の「お燗番」という人がいて、最適な温度で日本酒をお燗する役割の人でした。

それぐらい微妙な温度だったんですね。

日本酒を飲む温度は、10段階に分かれ、5℃おきに名前がついています。

その名前の風流なことと言ったら!日本人の細やかさがわかります。

  • 5℃:雪冷え
  • 10℃:花冷え
  • 15℃:涼冷え
  • 20℃:冷や(常温ともいう)
  • 30℃:日向燗
  • 35℃:人肌燗
  • 40℃:ぬる燗
  • 45℃:上燗
  • 50℃:熱燗
  • 55℃以上:飛び切り燗

いかがですか?この細やかさ!これなら、お燗番がいりますね。

冷酒の飲み方

日本酒を初めて飲む人におすすめの飲み方は、冷酒です。

「日本酒の立ち昇るアルコール臭が苦手で・・」という方ならなおさら、冷酒をすすめたいです。

冷たくすれば、ツンとするアルコールの刺激もなく、フルーティでマイルドな味わいを楽しめます。

日本酒ビギナーさんにぜひおすすめしたいです。

5~10℃が適温で、冷蔵庫や氷水で冷やすといいでしょう。

香りが楽しめないので、くれぐれも冷やしすぎには注意です。

冷酒に合うのは、大吟醸、吟醸酒、生酒、あらばしり、発泡タイプです。

特におすすめは、吟醸酒です。馥郁たる香りを楽しめます。

銘柄では、鳳凰美田、新政、あさ開、磯自慢、風の森が冷酒でおいしいと評判です。

世界の人も、日本酒のおいしさに気づき始めています。

日本人ですもの、日本酒を美味しくいただきましょう。きっと、日本酒の魅力のとりこになることでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク