美味しい日本酒の飲み方

日本酒を飲みますか?

日本酒に対して、どんなイメージをお持ちですか?

タバコの煙がもうもうと煙る居酒屋で、くたびれたサラーリマンが飲むもの?

ガード下のおでんの屋台や赤ちょうちんで飲むもの?

今や、そんなイメージはありません。

インテリアに凝った居酒屋やデートにぴったりな日本酒バーなどには、女性客もいっぱい!

今回は、おしゃれに、スマートに日本酒を楽しむ方法、いろいろな飲み方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しく飲む方法

  • 冷酒
    キリっと冷えた冷酒は、夏ならではの楽しみです。
    おいしく飲むためには冷やしすぎはNG!適温は7~10℃。
    冷蔵庫より、野菜室や冷蔵庫のドアポケットがいいですね。

    住宅事情や、一緒に暮らす人の人数の変化などで、1升瓶より4合瓶、カップ酒、紙パック入りなどあなたのご家庭の事情に合わせましょう。
    冷酒には、ガラス製の酒器がおすすめ、見た目が涼やかです。

  • 燗酒(かんざけ)
    日本酒の特徴は、いろんな温度を楽しめることです。
    世界にはたくさんのお酒がありますが、こうして楽しめるのは日本酒ぐらいです。
    燗をすると香りが立ち、五感で楽しめます。
    寒い時期には、体が芯から温まります。

    温める温度も、ぬるめから熱燗、燗冷ましなどさまざまなバリエーションを楽しめます。日本酒専用の「酒燗計」という温度計もあります。

  • 常温
    文字通り、普通の温度帯のお酒です。
    冷やしも温めもしない、室温で保存した状態で飲みます。
    冷えすぎず、熱くもなく、お酒そのものを味わえます。
     
  • オン・ザ・ロックス
    オン・ザ・ロックスは、大きな塊の氷にお酒を注ぎます。
    解けにくいロックグラスか大きめのお猪口を使いましょう。
    氷が解けることに負けないしっかりした原酒、純米酒がいいでしょう。
    生酒なら氷が解けてもおいしくいただけます。

器によって味わいが変化します!

日本酒は瓶のままでは飲みません。

まず、瓶から徳利や片口に入れ、それをお猪口やぐい吞みに注いで飲みます。

その間に日本酒の味わいは微妙に変わっていきます。

空気に触れたことによって酸化したり、香り成分が変化したりするためです。

また、盃は、アルコールの刺激を強くうけないよう、喉に流れ込むようになっています。

日本酒をワイングラスで飲むCMが流れていますよね。

大吟醸などは、ワインと同じように香りを感じ取ってもらいたいことと、口の中の味覚ポイントに注ぎ込めるというメリットがあります。

これは、盃でも同じような仕組みになっています。

「和らぎ水」を飲めば、翌朝も万全!

強いお酒をストレートで飲む時に、チェイサーと呼ばれる水、または炭酸水を続けて口直しに飲みますが、日本酒の場合は、「和らぎ水(やわらぎみず)」といいます。

やさしい響きの言葉です。聞いたことありますか?

日本酒を飲む場合も、立て続けに飲まないで、間に和らぎ水を挟むと悪酔いやアルコールが翌朝まで持ち越すことを防げます。

和らぎ水は、飲んだ日本酒の1.5倍ぐらいがいいでしょう。

また、大切なことは、あなた自身の適量を知って、その範囲で楽しむことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク